健康な生活への取組

・健康観察
毎朝、子供たちの健康状態を把握するために、健康観察を行っています。学校で体調が悪くなったり、けがをしたりした場合は、保健室で1時間程度休んだり、応急手当を受けたりすることが可能です。



・各種健康診断
日本の学校で通常行われているのと同様に、学校保健安全法で定められている健康診断を行っています。身長、体重、聴力、視力、歯科、尿検査、内科医による検診を行っています。心電図検査は行っていません。



・感染症(インフルエンザ等)への対応
日本と違い、インドネシアでは年間を通してインフルエンザに罹患します。学校内で罹患者が出た場合は様々な対策をとり、感染の拡大防止に努めています。また、幼稚部とも情報交換を行い、兄弟姉妹間の感染にも注意しています。



・AEDの設置
校内には3台のAEDを設置しています。緊急時にすぐに対応できるように、教職員も使用方法のトレーニングをしています。



・水
JJSでは、手洗い場やトイレなどの水に敷地内でくみ上げた地下水を使っています。独自に浄水施設をもち、水質は定期的に検査していますが、飲用には適さないため、子供たちは水筒を持参しています。



・緊急搬送訓練
インドネシアでは救急車のシステムが日本と違います。緊急時には日本と同じように搬送することができないため、校用車をつかって搬送します。子供たちを迅速に近隣の病院に搬送するために、教職員は搬送方法や近隣の病院の状況を確認するための訓練を毎年行っています。