学校経営方針

教育目標

心豊かでたくましく 主体的に生きる子の育成を図る
~ ジャカルタで学ぶことの素晴らしさを実感する教育(ジャカルタが好き) ~

教育目標

  • よく考える子
  • 思いやりのある子
  • 体をきたえる子
  • 世界に心をひらく子

めざす学校像

  • 学ぶ喜びがあふれる学校
  • 感謝の気持ちがあふれる学校
  • いつも元気があふれる学校
  • インドネシアとのつながりがあふれる学校

めざす教師像

  • 学び続ける教師
  • 子供中心の教師
  • 情熱のある教師
  • 信頼される教師
キーワード「分かち合い」
分かち合う心・分かち合う言葉・分かち合う姿を大切にした教育活動の展開

【確かな学力の育成】

  • 学び合う必要感や学ぶ価値を実感する学習を構想する。(主体的・対話的で深い学び)
  • 各教科の内容理解にとどまることなく、これからの時代に求められ、子どもたちが問題解決の際に必ず必要とするであろう資質・能力を育成する。(問題解決的な学習等)
  • わかる・できる・かかわる授業の実践(教材・教具の工夫や開発、指導と評価)
  • 特別支援教育の充実(コーディネーターとの連携、ランカ教室の整備・拡充)
  • 個に応じた指導(少人数指導、複数教員による指導指導)
  • 結果を指導に生かす工夫(各種テストの活用と分析・検証)
  • 家庭学習の習慣化(保護者との連携)

【豊かな心の育成】

  • 生活指導の充実(あいさつ、言葉遣い)
  • 道徳教育の推進(主体的な価値の創造)
  • 目的意識をもった行事への取組(教科等の関連)
  • 各種交流活動の推進(現地校交流、異学年等)
  • 読書活動の推進(図書室等の有効活用)
  • 体験活動の充実(ボランティア、ふれあい)

【健やかな体の育成】

  • 教科体育の充実
  • 体力つくりの推進
  • 基本的生活習慣の定着(早寝・早起き・朝ご飯)
  • 安全教育の推進
  • 危機回避能力の育成
校内研究
小中連携
カリキュラム・マネジメント
安全対策
学校評価

【グローバルな人材の育成】

外国語教育の推進(言語や文化についての体験的な理解等)
国際理解教育の推進(交流活動や体験活動の重視)

具体的な取り組み

  1. 確かな学力の育成
    • 何のために学ぶのか」という学習の意義を共有しながら、授業が主体的・対話的で深い学びとなるように工夫する。
    • 諸テスト等を活用して児童生徒の学力を分析し、授業改善に生かす。
    • JKT(ジャカルタ基礎・基本)タイムで学力の基礎・基本の定着を図る。
    • 小3・小5の算数科において、複数教師による指導を行う。
    • 中学校英語科において、少人数指導や複数教師による指導を行う。
  2. 豊かな心の育成
    • あいさつを通して他者と心を通い合わせ、互いの思いや願いを分かち合う。
    • 道徳的な価値に迫るために、教科の学習や学校行事等を関連させ、学校教育活動全体を通して効果的な指導や支援を行う。
    • 小・中学部や異学年との交流活動の機会を積極的に設け、思いやりの心をより一層育む。
  3. 健やかな体の育成
    • 体を動かすことの楽しさを味わわせるために、体育科授業等で縄跳び運動に継続して取り組むようにする。
    • 児童生徒の体力向上への意欲化を図るために、水泳級等を設ける。
  4. グローバル人材の育成
    • 総合的な学習の時間や生活科の時間において、インドネシアの文化や言語の学習を行い、異文化への理解を深める。
    • 校内表示の多言語化を図り、インドネシア語や英語に親しむための校内放送を実施する。
    • 児童生徒の習熟のレベルに応じた英会話の授業を少人数で実施する。
    • 現地校との交流を行い、異文化への理解を深める。
  5. 校内研究
    • 「主体的・対話的で深い学びを実現する指導の工夫」を研究テーマにして、教科別研修会や課題別研修会等で教師の授業力の向上を図る。
    • 教職経験5年未満教員の教師力向上のために若年研修を毎月、計画的に行う。
  6. 小中連携
    • 施設一体型の小中一貫教育校としての利点を生かし、教科等の横断的な学習や学校行事等を工夫して、小学部と中学部の学部間の教育活動を円滑に接続させる。
  7. 安全対策
    • 児童生徒の安全を第一に考えた安全対策マニュアルの内容を見直し、改善を図る。
    • 大使館やセキュリティー機関等と連携して、安全対策についての避難訓練(地震、火災、不審者、爆破予告等)を実施する。
    • スタディサプリ連絡帳の導入他、緊急時の連絡方法を強化・再検討する。
  8. 学校評価
    • 行事ごとに保護者アンケートを実施し、教育活動の見直しを図る。
    • 学校評価アンケートや学校関係者評価アンケートを実施し、次年度の学校経営に生かす。
  9. その他
    • 日課表の見直しを図る。(通常はA日課、部活動日などはB日課)。
    • 児童生徒の心の声に耳を傾ける「ほっとノート」を導入する。
    • 特別支援教育コーディネーターを中心とした相談体制を構築する。
    • 学校ホームページをリニューアルし、必要な情報にアクセスしやすくする。